読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工イクラの材料と 見分け方もある

人工イクラの材料は アルギン酸ナトリウム塩化カルシウム 食紅とアルギン酸を水に溶かしてオレンジのイクラの元をつくる 塩化カリウムをとかした水の中に イクラの材料をスポイトでたらす 人工イクラの出来上がり人工イクラと 本物のイクラは皮の硬さでは判断できません 人工イクラの見分け方は イクラをお湯に数分つける 本物のイクラは 鳥の卵と同じで白くなりますが人工イクラは白くならない またイクラの目胚でもわかる イクラを転がす本物のイクラは 目胚と皮がくうっいているが人工イクラの目胚浮き上がり 皮と離れている

 

アンケートモニター登録